2023 謹賀新年
お知らせ · 2023/01/03
クライエントさま、「こころのまいはうす」のホームページをご覧になってくださっている皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 1月12日木曜日からのスタートとなります。 1月12日木曜日以降の日時をご予約ください。
コロナの時に㉚境界線⑵
人の悩みのほとんどが人間関係だといわれています。人生には病や天災などのどうしようもない災難が降りかかることがありますが、その時でさえ人間関係によって、その災難が人生に及ぼす影響は変わってきます。それ程人間関係は人生に大きく関わっています。人と信頼できる良い人間関係を築くには、健全に心の境界線(以下バウンダリー)を引くことが重要であり、バウンダリーは悩みや問題を解決する鍵にもなります。

年末年始休業のお知らせ
お知らせ · 2022/12/23
カウンセリングルーム 「こころのまいはうす」は 2022年12月26日月曜日 から 2023年1月11日水曜日 まで 休業いたします。
コロナの時に㉙境界線⑴
自分が自分らしくありながら、健全で良好な人間関係を築いていくためには、自分が関わっている人との心地よい距離を自分で決めることがたいせつです。「境界線」が引けていないと、人と適切な距離をとることができません。 人との距離はずっと変わらず一定しているものではなく、近くなったり遠くなったりするものです。距離を取り直していくことも必要です。

コロナの時に㉘悩み
「悩み」とはどういうものでしょうか? 例えば「悩み」とは自分の思うようにならないこと。 例えば「悩み」とは自分の軸がないことから生まれるもの。 自分の思うようにならないこととは、人生が自分の思うように運んでいかないということです。 自分の軸がないことから生まれるものとは、何かを決断する時の選択がなかなかできないということです。 悩みが堂々巡りしている、悩みが尽きないという場合には、往々にして根底にある問題が他の問題にすり替わっていることがあります。
コロナの時に㉗美しさ
絵本「泥かぶら」は、 劇団「新制作座」が1952年から70年もの間上演している舞台劇の話を絵本にしたものです。 どんな人もうつくしい真っ白なまごころを持って生まれてきます。まごころとは、偽りや飾りけのない、真剣に尽くす心です。 誰しもが生きていくうちに、心に泥がついていくのでしょう。 心についた泥を落とすことが、幸せになる術かもしれません。 泥が落とされた時、人は内面の「美しさ」が外面にも表れてくるのだと思います。 では絵本の主人公「泥かぶら」は、どのようにして心についた泥を落としていったのでしょうか。

コロナの時に㉖ダブルバインド
「ダブルバインド」とは、1つの事柄について、2つの矛盾するメッセージが送られることによって、相手を混乱させ精神的に追い込むコミュニケーションです。矛盾する2つのメッセージとは、「言っていること」に矛盾がある場合だけではなく、「言っていること」と口調・声の大きさ・行動・態度などに矛盾がある場合も「ダブルバインド」です。2つの矛盾するメッセージには時間差があることもあります。 長く「ダブルバインド」を受け続けることにより、自信をもって伸び伸びと自分の力を発揮しにくくなってしまいます。起こり得る子どもへの悪影響には下記のことが考えられます。
感染症対策
お知らせ · 2022/08/08
当カウンセリングルームの感染症対策としましては、 ①パーテーションを設置しています。 ②カウンセラーは二重にマスクを着用しています。 ③換気に配慮しています。 ④適切なアルコール濃度での消毒をしています。 ⑤カウンセラーは、ワクチン接種を4回済ませています。 相談者様にも消毒などご理解、ご協力をお願い申し上げます 。

2022年 夏季休業のお知らせ
お知らせ · 2022/07/31
暑中お見舞い申し上げます 🎐 2021年の夏季休業は、 8月10日~8月25日迄とさせていただきます。 クライエント様にはご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 ご予約は、受け付けております。 ホームページから8月25日以降の 日時でのご予約をお願い申し上げます。
コロナの時に㉕揺るぎないもの
インドのカルカッタにある「孤児の家」の壁に掲げられた詩「それでも」は、マザー・テレサが感銘を受けてケント・М・キースの「逆説の10か条」を詩にされたものです。 ケント・М・キースは、「仮に他の人が良いこととして評価してくれなくても、正しいことを、良いことを、真実であることを常に実行してみるという挑戦として書いた」また「正しいこと、良いこと、真実であることを実践すれば、その行動自体に価値がある」といいます。

さらに表示する